f0378046_22404519.jpg


野菜スティックの朝ごはん、気にいってます。
にんじんは生より加熱した方が栄養学的にはいいそうですが…

野菜スティックを入れた器は、エスプレッソカップ。
どこで買ったのか忘れてしまいました、でもイタリアのどこか。
次回からはバターの代わりにオリーブオイルをつけることにしよう(←好きにしたら 011.gif







[PR]
# by itjpssgg | 2017-11-23 00:01 | ライフスタイル(食)

お元気で何より。


f0378046_22133063.jpg

「マテーラ」のアルバムを広げて。



11月12日、TBSの「世界遺産」を見ました。
南イタリアの「マテーラ」を放送するというので、見てみようと思ったわけです。
元々イタリアの文化、建築(都市の成り立ち、景観はどのようにつくられたかなど)に興味がありましたし
特に「サッシ(洞窟住居)」ついては並々ならぬ関心があったので、たくさん本も読みました。
映像を観て、ナレーションを聴いてるうちに、わたしはイメージの中でかつての「マテーラ」に飛んでいました。

現在の「マテーラ」はわたしが訪れた頃(2010年)とはずいぶん変わっていました。
ネットで見つけて泊まったロカンダが取り上げられていました。
リニューアルされて、洞窟の地下にプールやSPA施設ができたようです。
(この計画のことは、当時オーナーから聞いていたので、映像を観た瞬間に"ここ"だとわかりました)
「マテーラ」のように特に個性的な都市に滞在する場合は、予約サイトは使わずに
直接ホテルにメールして、希望の部屋をリザーブしてもらいます。

マイナーなイタリアが好きなわたしですので、大抵の所は世の中に注目される数年前に訪れていることが多いです。
おかげでマテーラでも「ゆっくりじっくり」気の向くまま街歩きができました。
いい時期に行って良かったとしみじみ思いました。
土地の人々との交流も生まれ、忘れられないすてきな想い出となっています。

番組の最後、「監修」として、イタリア建築史・都市史を専門とされる教授のお名前が出てきました。
「やっぱり、そうだったんだわ!」
わたしがとても尊敬し、何度もセミナーやシンポジウムでお世話になった先生です。
ここ数年、お会いする機会がなかったのですが、ご活躍の様子を伺えて嬉しい気持ちになりました。

「イタリア」の番組を見ると元気になれます 010.gif







[PR]
# by itjpssgg | 2017-11-22 00:01 | イタリア(歴史・文化)

ジノリとジノリ。


f0378046_19094516.jpg
ラズベリー、中にピスタチオのクリームが入っていました。



先日の「ジョエル・ロブション」のケーキはひとり2個ずつあったので
ふたつ目は「ルージュ」というケーキにしました。
このスイーツに相応しいプレートとカップはどれがいいだろう…?

Richard Ginori の ヴェッキオ・ホワイトとイタリアンフルーツにしました。
銀のフォークはフランスのクリストフルです。
どれも若い頃憧れて手にしたものです。

ついでに食器棚の整理をしました。
ちょっと雰囲気変えたいなあ…

母も同じことを言っていて、先日「大江戸骨董市」で
なんやらイギリスのお皿とカップをゲットしたそうです。
1950年代のものなので「アンティーク」とは言えないですが、
未使用で日本では出回っていないらしいのです。
そういうのいいですね。
それこそ掘り出し物ですね。




[PR]
# by itjpssgg | 2017-11-21 00:01 | ライフスタイル(食)

ライオンの頭!?


f0378046_20370073.jpg
「APILCO」は業務用メーカーだそうです。
カフェやレストランなどで見かけますね。



ポトフを盛ったのはフランス「APILCO アピルコ」の『ライオンヘッドスープボール』。
ライオンの頭が2カ所に付いています。
深さがあるので冷めにくく、シチューやチャウダーなどの煮込み料理に向いています。
これも長~いこと使っています。
むかしは、パイ生地をかぶせて、つぼ焼きなど(キノコとチキンのクリーム仕立てとか)
凝ったこともしていましたっけ。


f0378046_20373828.jpg
味付けは、ローリエ、ハーブ、塩胡椒のみでしたが
野菜の甘さと、ベーコンからも旨味がでて、いい味に仕上がりました。


f0378046_20403224.jpg
 トマトも入ってます。



昼ごはんには予想通り「カルボナーラ」のオーダーが入りました 012.gif




[PR]
# by itjpssgg | 2017-11-20 00:01 | ライフスタイル(食)


f0378046_11360515.jpg
わたしの「洋風朝ごはん」
野菜スティックにコルニッションベースの野菜ディップを添えて。
普段、葉野菜のサラダを食べることが多いのですが
ぼりぼり噛む野菜スティックって朝食にいいじゃない、と今更気づきました。
ヨーグルト、クリームチーズ、いちじくにはハチミツをかけて。
焦げたトーストには北海道の「パンにおいしいよつ葉バター」を塗って。
珈琲豆は川越、あぶり珈琲の「あぶりブレンドNo.2」(←これ実に美味しい)



今朝は夫が朝早くから出かけたので(趣味のスポーツ)「サンドイッチ」を作って持たせました。
その後、風邪気味の息子が起きてきたのであったかい「和定食」を作りました。
次はわたしの朝ごはんです。

たった3人しかいないのに、各自オーダーが違うので、うちはまるで食堂のようです。
いつからこうなったんでしょうか…?
むかしある方に、我が家の食事情を話したら「甘すぎる!!!」と言われました 025.gif
でもねえ、「何食べたい?」ってつい聞いてしまうのですよ。

朝食が済むと、洗濯やその他家事をしながら昼ごはん用に「根菜とブロックベーコンのポトフ」を煮込みました。
「ポテトサラダ」も作りました。
わたしの「ポテトサラダ」は売ってるのとは違ってちょっと美味しいんです(←自我自賛)
だからポテトサラダは外では買いません。
おそらくランチのオーダーは「カルボナーラ」が入ると予測しています。
すでに材料は pronto! プロント、準備ができています。



[PR]
# by itjpssgg | 2017-11-19 11:53 | ライフスタイル(食)


f0378046_22124889.jpg
「ジョエル・ロブション」のケーキを持って現れた息子。
わたしがこのほど誕生日を迎えましたので… GRAZIE!



久しぶりに家族が揃ったので「坦々ごま鍋」を作りました。
肉は、豚挽き肉、豚ばら肉、豚しゃぶしゃぶ用の3種。
具材は、白菜、ネギ、ニラ、えのき茸、焼き豆腐など。
サイドメニューは里芋の煮っころがし、卵豆腐、黒豆の煮物。
サラダは必須なのでたっぷり用意しました。
リーフレタス、ロメインレタス、ベビーリーフ、ブロッコリー、トマト、アボカド、ゆで卵、
ゆで卵は黄身をおろしてミモザサラダ風に。
あと、何だっけ…
あ、そうだ、昼ごはんの残りの「野菜たっぷり焼きそば」もありました。
わたしは最後にご飯を入れておじや風にしました。
美味しかった。
野菜がたっぷり取れました。
写真は撮る暇がありませんでした。

P.S.
一昨日「里芋と小松菜の赤出汁」を作ったのですが、これがとっても美味しかった。
里芋は小ぶりのものを柔らかくなりすぎないように仕上げます。
小松菜のちょいシャキシャキ感もいい感じ。



f0378046_22131933.jpg
今秋初の「モンブラン」、さすがロブションです。
アートのようなフォルム。
栗を堪能できました。



[PR]
# by itjpssgg | 2017-11-18 22:18 | ライフスタイル(食)

光る影。


f0378046_12584051.jpg
カウンター壁面に「光る影」。



昨日は午後になってやっと、ここ2日悩まされていた頸椎の痛みが少し和らいだ。
首の動きがブロックされたようになるのでかなり辛い。
リビングでぼうっと、テレビを見ていた。
自分の身体が不調だと、
元気ハツラツに活動をしている人たちの姿を見るとちょっと引く。
みんなすごいなあと感心はするが、
テンションがまるで違うので、今の自分とは合わないなあと思う。
その人たちを見て自分も頑張ろうなんてとても思えない。


f0378046_13024292.jpg
11月16日 16:06 撮影


だけど、このところ思うことがある。
自分の活動範囲や交友関係が極めて限られていること。
社会との関りが希薄になっている。
自分のやっていることは単なる自己満足に過ぎない。
時として虚しくなったりする。


誰かの笑顔を直に感じられる何かをしたい。
例えば、美味しいパンを焼いて、
食べてくれる人が笑顔で「おいしい」と言ってくれるというような…

自分のやりたいことを一心不乱にやってきた年月も過去にはあったが
今わたしが求めている「生きる歓び」は
別の Fase ファーゼ(変化の段階、局面、様相)にあるような気がする…
それがなんだかわからないから苦悩しているのだ…とも思ったりする。




[PR]
# by itjpssgg | 2017-11-17 22:18 | コラム