栗色のお皿。


f0378046_14061900.jpg
ある日の朝ごはん。



Marrone マローネ(栗色)のお皿、新入りです。
このブログに出てくるピンク色のお皿と同じもの。
フランスのぽってりとした陶器です。
持っているカップやお皿ともよく合います。
お皿が一枚加わるだけで、食卓の雰囲気って変わりますね。


f0378046_14085764.jpg
サン・ダニエーレの生ハム、カマンベールチーズ、クリームチーズ。



f0378046_14103697.jpg
シチリア産ブラッドオレンジのマーマレード。
初めて買ってみましたが、とろ~りとして塗りやすく、
甘味とほろ苦さのバランスがよいです。






[PR]
# by itjpssgg | 2018-02-19 00:01 | ライフスタイル(食)

8年目だから見直し。


f0378046_16234423.jpg
お届けで~す!



ウチのマンションは今年で8年目を迎えます。
エアコンが壊れたり、ガス給湯システムがダウンしたり、あちこち不具合も出ています。
修理や買い替えも必要になりました。
と同時に「暮らし」のことをちゃんと考える「とき」だと思いました。
終の棲家になるのか、ならないのか、それは誰にも分からないけれど、
家に一番長くいるわたしにとっての「使い勝手のいい暮らし」、
家族にとっての「居心地のいい住まい」
「料理をする楽しさ」
「美味しく食べられる幸せ」
それらを真剣に考え、実践することを始めました。
だから、このところ、家で使うものを見直して、買い足したりすることが多いです。
旅行にも行かなくなりました。
ウチが一番好き。
家であれこれしているのが楽しい。


f0378046_16250171.jpg
「オリーブのまな板(大)」全長44.5cm(柄の部分14cm含む)を買い足しました。
いろいろ歩いて探して、でもなかなか気に入ったのがなくて、やっとネットで見つけました。
幾重にも重なった波状の木目がとてもきれいなのでこれを選びました(表面)
「オリーブのまな板」で食材をカットするときの「音」が好き。

f0378046_16251769.jpg
(裏面)どっちが表でも裏でもいいのですが…とりあえず決めておきます。
カッティングボードとして使うだけでなく、お皿代わりに
料理を盛ってテーブルにじゃ~んと出すのも楽しそう。


f0378046_16254206.jpg
サイズも風合いも想像通りのものでよかったです。
大きさの割に思ったより軽いです。
オリーブの古木をそのまま削ったモノなので、表面に小さな亀裂があります。
その点、亡き恩師が遺してくれた「オリーブのまな板」は
密度が濃いというか(重いというのでなく)ずっしりとした硬さがあって
表面もすべすべなんですよね。
クオリティが違うんだなあと実感しました。
ともかく、これで大中小3タイプが揃いました。








[PR]
# by itjpssgg | 2018-02-18 00:01 | コラム

ビスマルク風。


f0378046_21510768.jpg
ウィルキンソンのジンジャーエールを飲みながら
アンティパストを待ちます。
サングリアをサービスしてくれました。



近所のピッツェリアに「ひとりCena チェーナ(晩ごはん)」行ってきました。
17時半でしたから一番乗りでした。
他のお客さんは誰もいませんでした。
店主の方はわたしの顔とか覚えていてくださって、
イタリアのことやイタリア語、イタリア食材のお話など、いろいろできて楽しかったです。
オリーブオイルは我が家で使っている「ARDOINOアルドイーノ(リグーリア産タジャスカ種)」でした。
料理人の選択する食材が、自分が美味しいと思うものと一致すれば、好みの店になるのはある意味自然なことです。
そうこうしているうちに、お仕事帰りのひとでいっぱいになりました。


f0378046_22112030.jpg
「トマトと水牛のモッツァレッラのカプレーゼ」。
プチトマトとドライトマト、ドライトマトが入っているのは初めてでしたが
Bufala ブーファラ(水牛)のモッツァレッラが淡泊なので、いい塩加減でした。


f0378046_22222671.jpg
ターナーに乗せて、生地を伸ばし、成形してから、薪窯へ投入です。


f0378046_22242959.jpg
できた!ピッツァ『ビスマルク』、迷った末、今宵はこれに。
ハム、赤玉ねぎ、バジリコ、半熟卵、チーズです。
トマトは使ってません。


「BISMARCK ビスマルク」とは19世紀のドイツ帝国宰相オットー・フォン・ビスマルクのこと。
ステーキに目玉焼きを乗せて食べるのが好きだったことから
半熟卵(目玉焼き)を乗せた料理『ビスマルク風』と呼んでいます。
人物名が由来となっている料理で有名なのは、
イタリアの大作曲家ジョアキーノ・ロッシーニにちなんで付けられた『ロッシーニ風』
「フォワグラとトリュフ」を使った料理(牛ヒレ肉と組み合わせた)がそうですね。

もし、わたしが歴史に名を残すほど有名になったら『ゴローザ風』とはどんな料理になるのでしょうかねえ。
ペンネームじゃだめだな…(笑)



f0378046_23192943.jpg
ドルチェは「ティラミス」をオーダー。
そしたらさっと「エスプレッソ」が出てきました。
店主の方のお心遣い173.png
GRAZIE MILLE!





[PR]
# by itjpssgg | 2018-02-17 00:01 | ライフスタイル(食)


f0378046_22491470.jpg
オリーブオイルもね。塩は別の粗塩(海塩)を使いました。



和え物か炒め物にでもしようかと買っておいた「寒咲き菜の花」、
残っていたベーコンがあったので「カルボナーラ(アレンジ編)」をつくることにしました。

そもそも「カルボナーラ」ってどんな料理なの?
alla carbonara アッラ・カルボナーラ(炭焼き人風)というネーミングが付いたのはどうして?
所説あります;
* ローマが発祥とされる(ローマ近郊のまちという説も)。
* 材料は、卵、グアンチャーレ(豚ほほ肉の脂身の塩漬け)、ペコリーノチーズ、黒胡椒。
  安価な材料で作れる cucina povera クチーナ・ポーヴェラ(直訳:粗末な料理)である。
  したがって生クリームは使いません。
グアンチャーレは塩味が強いので塩も使わないとか。
* 炭焼き人が、仕事の合間に、あり合わせの食材でちゃちゃっと作って食べたのがオリジナルとも、
  パスタにかけた黒胡椒が炭の粉のようだったことから名付けられた… etc.

どんな料理もそうであるように「カルボナーラ」もそれぞれの家庭やお店でいろんなレシピがあります。
例えば;
・生クリームを入れてクリーミーにする。
・グアンチャーレでなくパンチェッタ(豚バラ肉の塩漬け)かベーコンを使う。
・ペコリーノチーズの代わりにパルミジャーノを使う(又は半々で使う)。
・にんにく+オリーブオイルで炒めたベーコンを少量の白ワインで風味付けする。
・ローマ人の中には、ペンネかリガトーニ(マカロニより太い、筋の入ったショートパスタ)で作るのが
 本来の「カルボナーラ」だと主張するひともいますが、スパゲッティやブカティーニ(穴あきロングパスタ)の方が一般的。

「カルボナーラ」に「菜の花」を入れるなんて、伝統派のローマ人からしたら「マジっすか?」なのかも知れません(笑)
ブロッコリー、グリーンアスパラ、ズッキーニでつくっても美味しいですよ 011.gif


f0378046_13102150.jpg
  
溶き卵とおろしたてのパルミジャーノをよく混ぜて、火を止めてパスタに絡めます。
クリーミーにできました。
ベーコンが大き過ぎました(この半分にカットすればよかった)。
黒胡椒をもっとかけないと「炭焼き人風」とは言えないよ~




[PR]
# by itjpssgg | 2018-02-16 00:01 | イタリア(歴史・文化)


f0378046_20540940.jpg



インテリアショップでフランスの「ヴィンテージ・ファブリック」の端切れを分けていただきました。
店内にはアンティーク・レースやストライプ、花柄などの古い生地を使ってデザイン制作された
インテリア小物がすてきにディスプレイされていて、一部は販売もされています。
気に入ったクッションカバーがあったのですが、すごーくお高い(35x35㎝ が12,000円)。
いいなあ、すてきだなあ…
スタッフさんといろいろ話していたら
「ご自分で作られるのでしたら、端切れご覧になりますか?」という成り行きに。
現在は(端切れは)販売はしていないということでしたが、特別にということで、3種選びました。

水色の別珍素材は一目で気に入ったのですが、これに合わせる布は迷いました。
時間をかけるわけにもいかないので、直感で花柄とストライプを1枚ずつ、計3枚。
すでにスタッフさんが使用済みの余り生地だった為、カタチはまちまち。
パッチワークをしないと何もできません。
35x35cm のクッションカバーが欲しいと思っていたので、まずは「カバー❶表面」を縫いました。
柄物はどの部分を切り取るか… 頭を悩ませました。
続いて「カバー❶裏面」です。


f0378046_21172205.jpg
「カバー❶表面」


f0378046_21272513.jpg
カバー❶裏面


生地を繋ぎ合わせることでもう一個できそうなのでトライすることに。
「カバー❷表面」は5つのパターンを手縫いしました。けっこう大変。
ミシンがあればあっという間にできるのですが…
「カバー❷裏面」はベルベット素材のボタンを付けて、中綿取り出し口を紐で留めようかと思ったのですが、
グリーンのビーズ(アマルフィで買ったレモンのサシェに付いていた)を付けたら面白くなりました。
実用的ではないですが、置いて置く分にはアクセントになります。


f0378046_21324747.jpg
「カバー❷表面」


f0378046_21381842.jpg
「カバー❷裏面」


組み合わせによっていろいろ楽しめます。
遊んでみます。


f0378046_21494178.jpg
f0378046_21502691.jpg
f0378046_21511376.jpg
f0378046_21520531.jpg
f0378046_21525506.jpg

2個だけなのに、たくさん作ったような気分になりました。
リビングで他の色のクッションと合わせてもよいですし、
ベッドルームの白いリネンに合わせるのもよいです。
次回は「イニシャル(アルファベット)入りの白か生成りの布」と
「レース」を探して、ナイトランプのシェードにトライしてみたいです。


*****

f0378046_23571281.jpg
以前はこんなイベントがあったようです。



[PR]
# by itjpssgg | 2018-02-15 00:01 | ライフスタイル(住)


f0378046_16592315.jpg
キッチンで手拭き用に使う「ペーパータオル・カバー」をつくりました。
と言っても超簡単、ボタンを2個付けただけ。



息子が南アに赴任していたときに、ケープタウン近郊にある
「カーステンボッシュ国立植物園」に連れていってくれました。
そのときの記念に自分用のお土産に買ってきたものです。
Mサイズ(ピンクの飾り)とSサイズ(紺色の飾り)があるのですが、普段使うのはSサイズだけ。
「ペーパータオル・カバー」を作りたいと思ったときに、閃きました!



f0378046_17015949.jpg

南ア女性がつくった手編みのコットン「ハンドタオル」。


f0378046_23091777.jpg



【手順】
❶花と紐は取り外します。
❷両端はボタンで留めるので「ボタンのタグ」から2色選びます

f0378046_17272632.jpg

ワインレッドとブルーグリーンに決定。


f0378046_17345722.jpg
ワインレッドは合わせにして縫い付けます。


f0378046_17390884.jpg

ブルーグリーンは取り外した紐を利用してを着脱式にします。


f0378046_17570673.jpg
❻出来ました!カーディガンみたいだねえ。



ざっくりと編まれた「コットンタオル」の重さで、
いい具合に安定して動くこともなく、
ペーパーをさっと取り出せて手が拭けます。
大成功なり! 016.gif



BUON COMPLEANNO!
e
BUON SAN VALENTINO!






[PR]
# by itjpssgg | 2018-02-14 07:58 | ライフスタイル(住)


f0378046_20553176.jpg

「なあに、これ?」
イタリア製クラッチバッグについてたカバーの袋(しっかりした作りです)を利用して
壁掛け「トレイ収納」をつくりました。
布製のタグをばらして2か所に縫い付けました。
普段使う木製のお盆が2枚入ります。
すっと入ってさっと取り出せる。
とても使い勝手が良いです。

レンジ台と壁の間の15㎝の隙間にほんとうは棚をつくりたいのです。
が、なかなか実現しません。
空いているのはもったいない。

こんなちょっとしたことでも工夫すると嬉しいのだなあ… 016.gif




[PR]
# by itjpssgg | 2018-02-13 00:01 | ライフスタイル(住)