金曜日のネコ。


f0378046_11321144.jpg
おともだちから「ハーブティー」をいただきました。
可愛い「黒ネコ」パッケージ!



f0378046_11325645.jpg
「金曜日のネコ」になりたいわ!
ノビノビしたい!



f0378046_11332071.jpg
 
喉にいい「ハチミツ」も!
ラッピングには、以前わたしからのマスキングテープ(鳥ちゃんバージョン)が!
いつもペンシエロ(お心遣い)をありがとうございます!




[PR]
# by itjpssgg | 2017-09-22 00:01 | ライフスタイル(食)

ヘデラ。

HEDERA
ヘデラ


f0378046_10583645.jpg

久しぶりに「バスフォーム」のお風呂に浸かりました。
成分は「ヘデラ」から抽出されたエキス(植物性)
ほのかな香りがいいんです。
「ヘデラ」とはアイビーのこと、
イタリア語では EDERA エデラと言います。
(Hは発音しないので)


f0378046_10585070.jpg


パッケージもボトルも入浴剤とは思えないくらい美しいです。
捨てるのがもったいないから、しばらく空箱は取って置こうかな、
洗面所のニッチの部分に他のボトルや雑貨と並べました。



来年の9/16に「安室奈美恵さん」が引退するニュース。
(そっか、Yさんの命日にあたる日だ…)
昨日9/20で40歳になったんですって、
40歳だなんて信じられない!
安室ちゃんは、年齢を重ねていくほどにきれいで素敵だなあと思う。
「♪HERO」は歌詞もメロディも大好き!

NHKオフィシャル・ミュージックビデオ
女神みたい!








[PR]
# by itjpssgg | 2017-09-21 00:01 | コラム

レソトの風。


f0378046_17533866.jpg
素朴で優しい「レソト」の人びと(画像は全て息子のアルバムより)



先日亡くなった友人(Yさん)は、多方面で活躍されていましたが、生涯を通して「音楽」との深い関わりがありました。
あるとき、別の友人を通して、彼女が「アフリカのレソト」に行った話を聞きました。
「レソト」って…?聞いたこともないし、アフリカのどこかにある国なんだろうけど、
当時のわたしには、アフリカは無縁の地でしたので、どうしてそんな遠い国にYさんは行くことになったのだろう、
とは思いましたが、あまり深く考えませんでした。
彼女は行動派だったから、どこに行ったとしても、それはありうることだったからです。
調べてみると「レソト」とは「レソト王国」という、周囲を「南アフリカ共和国」に囲まれた小国で、
標高1400m以上の高地にあることから「天空の王国」と呼ばれており、アフリカ屈指の絶景の宝庫、
アフリカの中では最も治安が良く「アフリカのスイス」とも言われているそうです。


それからしばらくして、Yさんからわたしに連絡がありました。
なんでも、探していた会場がやっと見つかったとかで(レソトと日本の文化交流のイベントが開催されるとのこと)
それが、東京九段のイタリア文化会館であることから、必要な場合にはわたしに力を貸して欲しいとのことでした。
「わかりました。わたしでお役に立つことであれば、なんなりとおっしゃってください」と伝えました。
その後、特に連絡がなかったので、そのまま時は過ぎていきました。


後で知ったことですが、日本からレソトに「ヴァイオリン」を寄贈して支援するというプロジェクトで、
Yさんはレソトと日本を繋ぐ架け橋となり、親善大使のような活動をされていたのだそうです。
すごい方だなあと感心したものでした。
*国民の25%以上がエイズウイルス(HIV)感染し、10万人を超える孤児がいるアフリカ南部のレソトに
 ヴァイオリンを贈り、音楽を通じて明るい未来を開こうという活動。


そして、その数年後、ウチの息子の南アフリカ行きが決まりました。
南アの情報を調べていて「レソト王国」が、息子の赴任先ダーバンの近くにある「国」だとあらためて知り、
Yさんに情報を乞う為、電話をかけたのでした。
日本からレソトへは南アのヨハネスブルクを経由して行かれたそうです。
Yさんは首都のマセルに滞在されたのだと思います。
「レソト」はとてもよいところだと話してくれました。
思えば、それが彼女と交わした最後の会話だったのかなあ… 2015年の7月だったと記憶しています。
メールでは昨年10月、このゴローザブログの開設をお知らせして、
お返事をいただいた10/5が最後となりました…


息子は南ア赴任中、泊りがけでレソト観光に行ったそうです。
ダーバンから車でドラケンスバーグ山脈に入り、入国、絶景の連続だったようです。
わたしもドラケンスバーグ山脈までは行ってきましたが、
いつか、叶うなら、南アを再訪して「レソト」にも行ってみたいです。



f0378046_17530957.jpg
ドラケンスバーグ山脈。
南アフリカから続くこの山々が領土のほとんどを占めています。


f0378046_17540510.jpg
「レソト」の伝統的な家「バソトハット」。 帽子の形。


f0378046_17542168.jpg

人びとは馬と共に暮らしています。放牧がさかんです。



彼女は「風」となって、大空を自由自在に駆け巡ることでしょう。

「レソト」にもまた行ってみてね!









[PR]
# by itjpssgg | 2017-09-20 00:01 | 南アフリカ


3年前父が旅立った夜、息子からメールがありました。

【実はさっき不思議なことがありました。
23時過ぎに眠くなって、ちょうどベッドに入ったところ、
『大切な人と会える回数は思っているより多くないから、会えるときを大切にしなさい』と、
何かに語られるようなような気がして、一瞬で目が覚めました。
それから10分くらい、今の環境に感謝して生きなきゃとか… 親孝行しなきゃ… と思って寝たら、
おじいさんが亡くなりました】


9/16 友人が突然旅立ってしまいました。

お通夜、告別式で懐かしい面々に逢えました。

5年ぶりかな?


彼女との「お別れ」…

みんな… 悲しくて、寂しくて、悔しくて、切なくて、

泣いて、

それでも笑って、励まし合って…


彼女がみんなと逢わせてくれたんですよね…

もっと別の方法だってあったんじゃないですか!?

「あわてんぼう」なんだもん…

でも絶対、忘れない、忘れるわけがない…



f0378046_23305846.jpg

持ち寄りパーティー。

彼女特製「マシュマロサラダ」。



f0378046_23313773.jpg
おともだちの「サーモンのちらし寿司」


f0378046_23320651.jpg
おともだちの「ディップとパテ」。
わたしの「ニース風サラダ」。

f0378046_23323616.jpg
 おともだちのパティシエールさんの「ブッシュ・ド・ノエル・スペシャル」


楽しかったですね!

【心からご冥福をお祈りいたします】



[PR]
# by itjpssgg | 2017-09-19 00:05 | コラム

風と花。


f0378046_23371759.jpg

友人の個展に行ってきました。
優しさに満ちた作品がたくさんありました。
ここでは懐かしい仲間や友に逢えるのも楽しみのひとつです。
絵を見て、おしゃべりに花を咲かせ、会場に届けられた綺麗な花の写真を
カシャカシャと撮っておりました。
「あの方」も見に来てくださるかしらねえ…


f0378046_22365168.jpg

そのときは、なんにも知らずにいたのです…
その日の朝突然、その方が「風のように逝ってしまった」ことを…



f0378046_22374241.jpg

この花々のように、彩り豊かに、香しく、純粋に…
強く、優しく、美しく、生き抜いた人。

この日彼女を知るわたしたちは、訃報が届く前、それぞれ不思議なことを感じたのです。



f0378046_22382384.jpg

わたしの知っている彼女は、彼女のほんの一部だったのかもしれません…
常に「お人のため」を考え、行動する方でした。
彼女という「風」に、わたしは何度も背中を押してもらいました。
フレーフレーと大きな旗をなびかせて応援してもらいました。
どれだけの人が同じように感じていることでしょう。


f0378046_22384622.jpg


「恩返し」できないままでごめんなさい…
「感謝の意」がどうか届きますように…

彼女に最高の賛辞を贈ります。




[PR]
# by itjpssgg | 2017-09-18 00:01 | コラム

銀のスプーン。


f0378046_09433839.jpg
1985年にオランダ、アムステルダムの路地裏で見つけたアンティークの銀のスプーン
レースのランチョンマットは1987年、ベルギーのブルージュで。



たまにまとめて銀製品の手入れをします。
放っておくと黒ずんできますので。
磨くとピッカピッカになります。

銀の手入れをするときは、なんていうんだろう…
こころが静かになります。
大切に扱うからかなあ…
磨く…という作業にある種の儀式的なものを感じます。
とにかく他のことを考えないってのがいい。
磨くこと、好きかも…

わたしはどうしても、頭の中がフル稼働しがちな性分、
身体を休めても精神が休めない。
だから片づけしたり、そういうことで身体を使うと
いいみたいです。




[PR]
# by itjpssgg | 2017-09-17 00:01 | コラム

東京フロインドリーブ。


f0378046_19173316.jpg

パン屋さん「東京フロインドリーブ」の外観。
レンガ造りの建物。
木のドアも素敵です。


f0378046_19180077.jpg
わたしの好きな「シュークリーム」
小ぶりです。


f0378046_19181719.jpg

パン粉がありました。
パン屋さんならではの粒子の細かい風味のあるパン粉。
これで「Cotoletta alla Milanese コトレッタ・アッラ・ミラネーゼ(ミラノ風カツレツ)」
が手軽においしく作れます。メカジキやホタテでも。
グラタンにトッピングにしてもいいですね。
揚げ物の場合は、フライパンに少なめに油をはって炒め揚げにします。
カリッと揚がります。
レモンを絞っていただきます。
小分けして冷凍保存すればしばらく持ちます。





[PR]
# by itjpssgg | 2017-09-16 00:01 | 白金界隈・都心